シボネンに関するQ&A

Q.シボネンはどんなサプリメントですか

A.シボネンは、何千年もの間伝承されてきたインドの伝承健康法である「アーユルヴェーダ」の老化制御法「ラサーヤナ」に基づいて開発されたサプリメントで、体内の老廃物の浄化を目的としています。

Q.具体的な効果は

A.老化を促進させ、高コレステロールに匹敵する強力な危険因子として近年世界的に注目されている「内臓脂肪」の減少を、ハーブの働きによって促進させるので、発売前に実施したモニターテストの結果では、体重が減る、腹囲が細くなるといった目に見える効果の他にも、①便秘の改善、②脂質代謝(総コレステロール、中性脂肪)や肝機能、腎機能の働きを示す数値が改善、③肩こり、眼精疲労の改善などを実感した方が多くいらっしゃいました。

Q.どんなタイプの肥満でも効果はありますか

A.インドで行ったラットによる試験の際には、医療機関で処方される食欲抑制剤「シブトラミン」との比較実験も行っておりますが、シボネンはあくまでも栄養補助食品であり、肥満に悩む方を「痩せさせる薬」ではありません。

Q.「隠れ肥満」といわれましたがシボネンは効果がありますか

A.「隠れ肥満」とは、外見上は全く太っていないのに、体内の内臓周りにびっしりと脂肪を蓄積させている方のこと。シボネンは、内臓脂肪の排出に効果を発揮しますので、是非お試しください。

Q.「一日に6~9粒」とありますが、効果的な飲み方を教えてください

A.配合されたアーユルヴェーダハーブの有効成分を最も効果的に働かせるためには、6~9粒を2~3回に分け、食事の1時間程度前の空腹時にお飲みいただくことをお勧めしています。

Q.生活が不規則で食事の時間も回数もバラバラです

A.食事の時間が毎日一定ではない方の場合には、朝起きがけと就寝前にシボネンを各3~4
カプセル飲み、後は日中の適当な時間(空腹時)に3~4カプセル飲んでください。

Q.日常生活で気をつけることはありますか

A.日常生活に関して特に制限はございませんが、

① 食生活でできる範囲で改善目標を立てる(腹八分目、ゆっくり食べる、20時以降は食べないetc)

② できる範囲で毎日運動を心がける(○分ストレッチ、一日○歩歩くetc)

③ 必ず湯船にゆっくりつかる(入浴中のマッサージも効果的)
を心がけていただくとより早くシボネンの効果を実感していただけます。

Q.シボネンを飲むとお腹がグルグルしたり、ガスが出るのですが

A.便秘がちな方や腸内に老廃物(宿便)がたまっていた方は、「お腹が張る」「ガスが出る」「ガスが臭う」「お腹がグルグルする」などの不快な症状が多く出るようですが、これはすべてハーブの整腸作用によるもので、腸内にたまっていた老廃物の排出が促されている証です。

Q.飲み始めて1ヶ月経ちますが、体重などに変化がありません…

A.発売前のモニター試験でも、最初の1ヶ月は体重、体脂肪率、腹囲の変化はほとんどありませんでした。上の回答にもあるように、まず「お腹が張る」「ガスが出る」「便の量が増えた」など腸内環境の変化を実感し、その後2ヶ月目以降から体重、体脂肪率、腹囲が減少してきます。ただ、最初の1ヶ月間で体調が良くなり、かえって食欲が出てしまったという方もいますので、食生活や運動についての改善目標を守るよう心がけてください。

Q.どのくらいの期間飲み続ければよいのですか

A.シボネンを飲み始めると、まず最初の1ヶ月で腸内の環境が整うことで老廃物が排出しやすくなり、その後「疲れにくくなった」「眠りが深くなった」といった生活の質が向上するとともに、徐々に体重や体脂肪率、腹囲などが減少してきますので、最低でも3ヶ月続けて飲んでいただくことをお勧めしています。

Q.医者から処方された薬を服用中ですが、シボネンを飲んでも大丈夫ですか

A.薬を服用あるいは通院中の方、妊娠中、授乳中の方は医師にご相談ください。また、食品アレルギーのある方は原材料をご確認ください。また、体質や体調によってまれに体に合わない場合(かゆみ、発疹、胃腸の不快感など)があります。その際は、ご利用をおやめください。

Q.シボネンが効きやすい年齢というのはありますか

A.多くのモニター参加者の中でも特に、代謝機能や体力の衰えが顕著になり始める50代後半から60代以降の方に最も効果があり、体重や体脂肪率、腹囲が減少しただけでなく「心身共に若返った気がする」との声が多く寄せられ、老化制御法である「ラサーヤナ」の理論が実証されました。